暗黒騎士オススメマクロ(グリットスタンス+ブラッドウェポン)

0


    暗黒騎士、絶賛レベル上げ中で現在、やっとLv57になりました!
    ここまで来てもやはりというか悩みどころは、クロスホットバーをどう使ってアクションを組み込むか・・・。
    誤操作防止の想定上、同時押しを共有化しているので実際に使えるクロスホットバーは1.5ページ分になっているんですよね。
    (詳細は下記日記参照)
    http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/1027253/blog/1153929/

    となると必然的に一つのスロットで複数のアクションを使い分ける為にマクロの組み合わせ考案に頭を悩ませています。

    Lv60になったら、クロスホットバー配置も含めて作成し、以前の戦士などと同じように紹介しようと思っているのですが思ったよりも上手く機能したマクロが出来たので1個、御紹介!

    <グリットスタンス+ブラッドウェポン>
    /macroerror off
    /macroicon ブラッドウェポン
    /ac ブラッドウェポン <me>
    /ac グリットスタンス <me>

    単純にグリッドスタンスとブラッドウェポンを1キーにしたマクロです。
    機能としては・・・

    グリットスタンス使用中
    →ブラッドウェポンは使えないのでグリットスタンスの解除を行う。

    グリットスタンス未使用
    →ブラッドウェポンが発動する。

    単純にこれだけなのですが、実際の運用上、MP回復をしたい、火力を上げたい時にグリットスタンスOFF、ブラッドウェポンONをすると思います。
    グリットスタンス中に同じボタンを2回押せばグリットスタンス解除→ブラッドウェポン発動を行い、ブラッドウェポンの効果切れ、リキャスト中であれば押すことでグリットスタンスを起動する為、使い勝手としては別々のボタンに置くのとほぼ変わらない状態になります。

    難点を言えば、戦闘開始前などにグリットスタンスだけ起動したいときもブラッドウェポンを使ってしまう、ということですがブラッドウェポンのリキャストタイムである45秒以内にグリットスタンスのONとOFFを繰り返す状況というのは少なく、運用上では不便を感じることはありませんでした。

    クロスホットバーの空きスペースに悩んでる方はお試し下さい!

    お勧めマクロVer.2

    0

      <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
      XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
      戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
      竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
      召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
      学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60


      オープンβも終わって後はアーリーアクセス及び正式サービス開始を待つばかりとなりました。
      私もオープンβをがっつりと楽しませてもらいましたが、想定していたマクロも上手く機能することが確認出来ました。
      というわけで再度、オススメマクロを掲載します!(一部、過去のものと被りますが)


      ■ケアル自動ターゲット改良型
      ------------------
      /micon ケアル
      /ac ケアル <tt>
      /ac ケアル <t>

      ------------------
      <解説>
      前回紹介したものの改良型です。
      まず、/miconでマクロアイコンをケアルアイコンに変化させます(消費コスト/リキャスト表示)。
      次に<tt>を仕込んだケアルで「自分がターゲットしている対象がターゲットしている相手にケアル」を設定。
      さらにその次の行に<t>で「自分がターゲットしている対象へケアル」を設定します。
      さて、これがどういう挙動をするかというと状況に応じて下記の挙動に切り替わります。
      ○自分が敵をターゲットしている時は、その敵がターゲットしている相手にケアルがかかる。
      ○自分が味方をターゲットしている時は、その味方にケアルがかかる。
      ○自分が何もターゲットしていない時は、自分にケアルがかかる。
      これにより敵をターゲットしたままでのその敵にターゲットされている味方(自分)へのケアルを使うことと、味方をターゲットしてのケアルを使うという使い分けが1アクションで可能になります。
      <欠点>
      難点がひとつあって、ケアルをしたいと思ってターゲットした味方対象が他の味方をターゲットしている場合、そっちへケアルが飛んでしまいます。
      これは基本的に<tt>を優先するけどケアルを使うことが出来ない対象が<tt>対象であった場合、その挙動をキャンセルして<t>ターゲットへ切り替わる、というマクロの仕組みに依存する欠点となります。
      たとえば、巴術士で戦闘終了後にカーバンクルにこのマクロでケアルをしようとした場合、自分にケアルがかかってしまいます。
      何故なら、戦闘終了後は主人をターゲットして追いかけるという挙動をカーバンクルがしている為、カーバンクルのターゲットは自分であり、<tt>マクロが発動するということになります。
      しかし、通常の使用ではそれほど気にならない仕様だと思いますし、コツを掴めばパーティ外へのケアルなども使いやすくなりますのでオススメマクロのひとつです!。


      ■XHBセット変更コンボマクロ
      <作成マクロ 
      -------------------------------
      /micon ヘヴィスウィング
      /ac ヘヴィスウィング
      /crosshotbar set スカルサンダー 1 RA2
      /crosshotbar set ボーラアクス 1 RA3

      -------------------------------
      アイコン表示はヘヴィスウィングの情報を記載(消費TP、GCD)。
      ヘヴィスウィングを現在ターゲットしている対象に撃つと同時に「RT/R2」ボタン+「Y/△」ボタンに
      スカルサンダーを「RT/R2」ボタン+「B/○」ボタンにボーラアクスをセットする。
      <作成マクロ◆
      -------------------------------
      /micon メイム
      /ac メイム
      /crosshotbar set シュトルムヴィント 1 RA2
      /crosshotbar set シュトルムブレハ 1 RA3

      -------------------------------
      アイコン表示はメイムの情報を記載(消費TP、GCD)。
      メイムを現在ターゲットしている対象に撃つと同時に「RT/R2」ボタン+「Y/△」ボタンにシュトルムヴィントを
      「RT/R2」ボタン+「B/○」ボタンにシュトルムブレハをセットする。
      <解説>
      この二つのマクロの組み合わせにより、ヘヴィスウィングを使うとスカルサンダー>ボーラアクスへ切り替わり、
      ヘヴィスウィングの後にメイムを使うと上記と同じアイコンがシュトルムヴィントとシュトルムブレハに切り替わります。
      アクション数としては、計6個のアクションを4ボタンで使い分けることが出来ます。
      <欠点>
      特に無し。
      ただし、後述する/crosshotbar changeによるXHBページ移動での設定と比較するとコンボだけでデフォルトページのボタンを4つ使うのは厳しくなるかもです。


      ■XHBページ変更コンボマクロ
      -------------------------------
      /micon トゥルースラスト
      /ac トゥルースラスト
      /crosshotbar change 2

      -------------------------------
      <解説>
      アイコン表示はトゥルースラストの情報を記載(消費TP、GCD)
      トゥルースラストを現在ターゲットしている対象に撃つと同時にXHBの2ページ目にXHBを変更し、
      2ページ目にボーパルスラスト、フルスラストのアイコンを用意しておけば、そのままコンボを撃てます。
      これにより、デフォルトページのボタンを1つだけでコンボを利用できます。
      <欠点>
      コンボがセットされたページにデフォルトページへの戻りマクロが必要になります。
      〆アクションに組み込んでしまうと不発の時などに応用が利かなくなる為、別に用意すべきでしょう。
      アクションセットが2ページ以内で収まるのであれば、L1キー押すだけでもOKです。


      ■ターゲットアシストマクロ+1
      -------------------------------
      /micon ストレートショット
      /as <2>
      /ac ストレートショット

      -------------------------------

      <解説>
      パーティメンバー2番目の狙ったターゲットをターゲットするマクロとWSの組み合わせです。
      ストレートショットは基本威力も140と高めであり、クリティカル発動率+10%を20秒間継続するという初撃として使うと強力なファイター汎用WSを組み合わせてます。
      クラスではなくジョブになると本職の吟遊詩人以外使えませんのでフラクチャーなどのDoT系WSと組み合わせるのが有効かもしれません。
      ソーサラー系であれば、幻術士のエアロ、巴術士のバイオなどのDoT系インスタントスペルと組み合わせると有効ですね。
      <欠点>
      異なる用途をひとつのマクロにしてしまうとどっちかだけやりたいという時に融通は利きにくくなります。


      XHB配置設定検証【ナイト】

      0

        <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
        XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
        http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
        戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
        http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
        竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
        http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
        召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
        http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
        学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
        http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60


        以前のクロスホットバー節約配置[Tank編]をベースにナイト用のXHB配置を作ってみました。
        かなり独断と偏見に基づいた配置ですので参考までにお願いします。
        ※注意!アクションやマクロなどはβ3及びβフォーラムでの開発投稿内容をベースとしたものですので製品版では変更される可能性があります。

        ヾ靄榲な考え方
        ナイトはコンボ派生が少ない一方で、ピンポイントでの使用が求められる防御系や敵性行動阻害系のアクションが多いです。
        その為、2ページに絞込むことでR1キーでの切り替えも視野に入れた配置としています。

        XHB右側

        ホームポジションとなるXHB1ページ目には、○×□△キー側に挑発やフラッシュなどのタゲ取り用アクションを配置し、十字キー側にランパートなどの防御アクションを配置しています。
        コンボ始点となるファストブレードには使用後にXHB2ページ目に飛ぶマクロを仕込んでおきます。
        XHB2ページ目は、主に攻撃系アクションを配置。
        ファストブレードを使うことでXHB2ページ目に移動し、そのままコンボWSへつなげていきます。
        また△魑載したコンボの〆WSについては使用後にXHB1ページ目に飛ぶマクロを仕込んでおきます。
        十字キー側にはコンボWS用の攻撃強化アビリティであるファイト・オア・フライトなどを配置。
        またここに忠義の剣と忠義の盾を置くことでダメージ重視か敵視&防御重視かを切り替えれるようにしておきます。

        XHB左側

        ホームポジションとなるXHB1ページ目には、○×□△キー側にシールドバッシュやスピリッツウィズインなどの敵性対象の行動阻害系アクションを入れています。
        また移動の際に使う機会があると思われる鋼の意思やセンチネルなどもここに入ります。
        十字キー側にはブルワークやシールドスワイプ、かばう、マーキングなどをセットしています。
        ブルワークによる盾防御率UPとシールドスワイプは相性が良いのでこういう配置になりました。
        XHB2ページ目は、アビリティ系の攻撃アクションを○×□△キー側に配置。
        また緊急使用を視野に入れてインビンシブルもセットしてあります。

        い泙箸 コンボが少ない分だけナイトが一番考えるのが楽かなと思っていたのですが、逆にマクロによるアクション送りに頼りきれない為、配置を練る必要がありました。
        またちょっとしたことですが、十字キー側の配置に関しては敵性対象に使うアクションの場合は、なるべく上下キーに配置し、味方に使うアクションの場合は左右キーに配置しています。
        これは味方に関しては上下キーでターゲット移動し、敵性対象については左右キーでターゲット移動をする為、誤爆発動をなるべく防ぐ目的で設定しました。

        次回の記事では、戦士について書きたいと思います。

        クロスホットバー配置シート[きじょうのくうろん用]

        0

          <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
          XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
          戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
          竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
          召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
          学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60


           クロスホットバーなどの配置やマクロには頭を悩ませてる方が多いようですね!
          まあ、オープンβまでやることが無いというのもありますが、新生FF14はバトル計算式が
          シンプルなだけにいろいろと予想だけでもある程度までがんばれそうで「きじょうのくうろん」好きな私にはたまらないゲームになりそうです。

          ということで前回、前々回のXHB配置画像を作成する時に使ったエクセルシートを下記にアップしました。

          クロスホットバー配置作成用エクセルシート
          ただ枠だけ作った拙いものですがエクセルをお持ちの方で興味がある方はこれで机上の空論を滾らせてみてください!
          そして良い配置が出来たら教えて下さい・・・・

          クロスホットバー効率配置[MeleeDPS編]

          0

            <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
            XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
            戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
            竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
            召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
            学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60

             
            次はMeleeDPS編です。
            こちらはクロスホットバーを節約していませんので効率編とさせてもらいました(笑)
            方向性としては複数のXHBに配置された各アクションを直感的に操作するというものです。

            <使用している新マクロコマンド>
            /macroicon (/micon)
            マクロ専用。
            指定したアクションを、ホットバー上のアイコンとして表示する。リキャスト時間や消費MP、TPの情報も表示する。同じマクロ内に2回以上、これが使われている場合、最初の指定のみが有効になる。
            /crosshotbar (/chotbar)
            クロスホットバーセットを操作、設定する。

            ■竜騎士
            コンボルートが多く、かなり複雑になりますのでXHBそのものの切り替えマクロを組み込んでみます。

            ▲用意するマクロ
            [マクロ名]戻りマクロ
            /crosshotbar change 1

            [マクロ名]Mトゥルースラスト
            /macroicon トゥルースラスト
            /ac トゥルースラスト <t>
            /wait 1
            /crosshotbar change 2

            [マクロ名]Mフルスラスト
            /macroicon フルスラスト
            /ac フルスラスト <t>
            /wait 1
            /crosshotbar change 1

            [マクロ名]Mインパルスドライヴ
            /macroicon インパルスドライヴ
            /ac インパルスドライヴ <t>
            /wait 1
            /crosshotbar change 3

            [マクロ名]M桜華狂咲
            /macroicon 桜華狂咲
            /ac 桜華狂咲 <t>
            /wait 1
            /crosshotbar change 1

            [マクロ名]Mヘヴィスラスト
            /macroicon ヘヴィスラスト
            /ac ヘヴィスラスト <t>
            /wait 1
            /crosshotbar change 4

            [マクロ名]Mリング・オブ・ソーン
            /macroicon リング・オブ・ソーン
            /ac リング・オブ・ソーン <t>
            /wait 1
            /crosshotbar change 1

            ▲配置した場合の動作

            コンボ初段をXHB1に集中させ、コンボルート毎にXHBを切り替えるというスタンスです。
            各コンボXHBのコンボ〆アクションを押せばXHB1へ戻ります。
            コンボ初段をミスしたり、途中で気が変わったりして別のコンボルートに切り替えたい時の為に
            各コンボXHBの<4>の配置にはXHB1へ戻るマクロと初段アクションも合わせて設定してあります。
            これならばXHBのページめくりを意識せずに直感的な操作が可能になると思われます。
            WS使用後の/wait 1についてはページ切り替えを1秒程度遅らせることで射程範囲から外れての不発などの際にもう一回同じマクロキーを押す猶予を持たせています。
            もともとGCDが2秒以上はある為、1秒の待ち時間によるダメージ効率への悪影響もありません。

            ■モンク
            型の概念がある為、全てのアクションをマクロ作成している為、準備が一番面倒です。
            しかし、動作としては型別でXHBを切り替えて1つ前に戻るマクロを組み合わせるという単純なものです。

            ▲用意するマクロ(同じ内容のマクロが多くなるので型毎にまとめます。詳細は後述の図を参照)
            [マクロ名]M連撃/壊神衝/双竜脚
            /macroicon 連撃/壊神衝/双竜脚
            /ac 連撃/壊神衝/双竜脚
            /wait 1
            /crosshotbar change 2

            [マクロ名]M正拳突き/双掌打/短勁
            /macroicon 正拳突き/双掌打/短勁
            /ac 正拳突き/双掌打/短勁
            /wait 1
            /crosshotbar change 3

            [マクロ名]M崩拳/破砕拳/地烈斬
            /macroicon 崩拳/破砕拳/地烈斬
            /ac 崩拳/破砕拳/地烈斬
            /wait 1
            /crosshotbar change 1

            [マクロ名]壱の型付与へ戻る
            /crosshotbar change 3

            [マクロ名]弐の型付与へ戻る
            /crosshotbar change 1

            [マクロ名]参の型付与へ戻る
            /crosshotbar change 2

            ▲配置した場合の動作
            動作としては単純明快で型毎にXHBがあり、WSを使った時点で
            次の型のWSがセットされたXHBへ移動するというものです。
            ただミスした時の為に全てのXHBの○ボタンの位置に一つ前のXHBへ戻るマクロを設定しています。
            これによりページめくりを意識せずに直感的にコンボの組み合わせを自由に出来ると思われます。
            WS使用後の/wait 1についてはページ切り替えを1秒程度遅らせることで射程範囲から外れての不発などの際にもう一回同じマクロキーを押す猶予を持たせています。
            もともとGCDが2秒以上はある為、1秒の待ち時間によるダメージ効率への悪影響もありません。

            ※8/25修正

            | 1/2PAGES | >>