お勧めマクロVer.2

0

    <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
    XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
    戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
    竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
    召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
    学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60


    オープンβも終わって後はアーリーアクセス及び正式サービス開始を待つばかりとなりました。
    私もオープンβをがっつりと楽しませてもらいましたが、想定していたマクロも上手く機能することが確認出来ました。
    というわけで再度、オススメマクロを掲載します!(一部、過去のものと被りますが)


    ■ケアル自動ターゲット改良型
    ------------------
    /micon ケアル
    /ac ケアル <tt>
    /ac ケアル <t>

    ------------------
    <解説>
    前回紹介したものの改良型です。
    まず、/miconでマクロアイコンをケアルアイコンに変化させます(消費コスト/リキャスト表示)。
    次に<tt>を仕込んだケアルで「自分がターゲットしている対象がターゲットしている相手にケアル」を設定。
    さらにその次の行に<t>で「自分がターゲットしている対象へケアル」を設定します。
    さて、これがどういう挙動をするかというと状況に応じて下記の挙動に切り替わります。
    ○自分が敵をターゲットしている時は、その敵がターゲットしている相手にケアルがかかる。
    ○自分が味方をターゲットしている時は、その味方にケアルがかかる。
    ○自分が何もターゲットしていない時は、自分にケアルがかかる。
    これにより敵をターゲットしたままでのその敵にターゲットされている味方(自分)へのケアルを使うことと、味方をターゲットしてのケアルを使うという使い分けが1アクションで可能になります。
    <欠点>
    難点がひとつあって、ケアルをしたいと思ってターゲットした味方対象が他の味方をターゲットしている場合、そっちへケアルが飛んでしまいます。
    これは基本的に<tt>を優先するけどケアルを使うことが出来ない対象が<tt>対象であった場合、その挙動をキャンセルして<t>ターゲットへ切り替わる、というマクロの仕組みに依存する欠点となります。
    たとえば、巴術士で戦闘終了後にカーバンクルにこのマクロでケアルをしようとした場合、自分にケアルがかかってしまいます。
    何故なら、戦闘終了後は主人をターゲットして追いかけるという挙動をカーバンクルがしている為、カーバンクルのターゲットは自分であり、<tt>マクロが発動するということになります。
    しかし、通常の使用ではそれほど気にならない仕様だと思いますし、コツを掴めばパーティ外へのケアルなども使いやすくなりますのでオススメマクロのひとつです!。


    ■XHBセット変更コンボマクロ
    <作成マクロ 
    -------------------------------
    /micon ヘヴィスウィング
    /ac ヘヴィスウィング
    /crosshotbar set スカルサンダー 1 RA2
    /crosshotbar set ボーラアクス 1 RA3

    -------------------------------
    アイコン表示はヘヴィスウィングの情報を記載(消費TP、GCD)。
    ヘヴィスウィングを現在ターゲットしている対象に撃つと同時に「RT/R2」ボタン+「Y/△」ボタンに
    スカルサンダーを「RT/R2」ボタン+「B/○」ボタンにボーラアクスをセットする。
    <作成マクロ◆
    -------------------------------
    /micon メイム
    /ac メイム
    /crosshotbar set シュトルムヴィント 1 RA2
    /crosshotbar set シュトルムブレハ 1 RA3

    -------------------------------
    アイコン表示はメイムの情報を記載(消費TP、GCD)。
    メイムを現在ターゲットしている対象に撃つと同時に「RT/R2」ボタン+「Y/△」ボタンにシュトルムヴィントを
    「RT/R2」ボタン+「B/○」ボタンにシュトルムブレハをセットする。
    <解説>
    この二つのマクロの組み合わせにより、ヘヴィスウィングを使うとスカルサンダー>ボーラアクスへ切り替わり、
    ヘヴィスウィングの後にメイムを使うと上記と同じアイコンがシュトルムヴィントとシュトルムブレハに切り替わります。
    アクション数としては、計6個のアクションを4ボタンで使い分けることが出来ます。
    <欠点>
    特に無し。
    ただし、後述する/crosshotbar changeによるXHBページ移動での設定と比較するとコンボだけでデフォルトページのボタンを4つ使うのは厳しくなるかもです。


    ■XHBページ変更コンボマクロ
    -------------------------------
    /micon トゥルースラスト
    /ac トゥルースラスト
    /crosshotbar change 2

    -------------------------------
    <解説>
    アイコン表示はトゥルースラストの情報を記載(消費TP、GCD)
    トゥルースラストを現在ターゲットしている対象に撃つと同時にXHBの2ページ目にXHBを変更し、
    2ページ目にボーパルスラスト、フルスラストのアイコンを用意しておけば、そのままコンボを撃てます。
    これにより、デフォルトページのボタンを1つだけでコンボを利用できます。
    <欠点>
    コンボがセットされたページにデフォルトページへの戻りマクロが必要になります。
    〆アクションに組み込んでしまうと不発の時などに応用が利かなくなる為、別に用意すべきでしょう。
    アクションセットが2ページ以内で収まるのであれば、L1キー押すだけでもOKです。


    ■ターゲットアシストマクロ+1
    -------------------------------
    /micon ストレートショット
    /as <2>
    /ac ストレートショット

    -------------------------------

    <解説>
    パーティメンバー2番目の狙ったターゲットをターゲットするマクロとWSの組み合わせです。
    ストレートショットは基本威力も140と高めであり、クリティカル発動率+10%を20秒間継続するという初撃として使うと強力なファイター汎用WSを組み合わせてます。
    クラスではなくジョブになると本職の吟遊詩人以外使えませんのでフラクチャーなどのDoT系WSと組み合わせるのが有効かもしれません。
    ソーサラー系であれば、幻術士のエアロ、巴術士のバイオなどのDoT系インスタントスペルと組み合わせると有効ですね。
    <欠点>
    異なる用途をひとつのマクロにしてしまうとどっちかだけやりたいという時に融通は利きにくくなります。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック