召喚士用クロスホットバー配置&マクロ(パッチ2.25版)

0

    ■クロスホットバー配置&マクロの事前準備について(ジョブ共通)
    こちらを参照下さい。

    ■召喚士のXHB配置※詳細は画像参照


    ■召喚士のXHBコンセプト
    まず一般的にパーティプレイでよく使われるガルーダをベースとして作成しています。
    基本となる単体攻撃アクション、攻撃/防御アビリティなどはXHB,棒瀋蠅靴討△蠅泙垢ペット操作や行動などが非常に多岐に渡る為、XHBを余すことなく使いこなす必要があります。
    大きな特徴としてはペットアクション起動操作をピースキャンセル(後述)を用いたマクロとしており、ペット操作の追従性が高くなっているところです。
    同時押し操作となるXHB△砲弔い討蓮▲螢潺奪肇屮譽ぅやスプリント、ペット移動・命令操作、補助魔法などが主となっています。
    残念ながら完全な1.75ページ仕様になっておらず、ボタンキー側もLT⇒RT、RT⇒LTの使い分けが一部必要となっています。
    誤操作のポテンシャルとなってしまってはいますが頻繁に使う操作では無い為、誤操作の発生率としては高くはありません。
    全ての共通する設定としては、移動しながら使いたいであろうアクションについてはボタンキー側に設定してありますのでPvPなどで逃げる敵を追いながら、逃げながら使えるようにしてあります。
    特にスプリントについては魔法職の場合、リスク無しで使用出来る為、移動しながら使いやすいようにボタンキー側に設定しています。

    ■召喚士で使用するマクロ
    【Mショックウェーブ※1】
    /macroicon ショックウェーブ pet
    /pac ピース <pet>
    /pac ショックウェーブ <t>
    /wait 1
    /pac インターセプト <pet>

    【Mコンテージョン※1】
    /macroicon コンテージョン pet
    /pac ピース <pet>
    /pac コンテージョン <t>
    /wait 1
    /pac インターセプト <pet>

    ※1
    ガルーダのアクションをピースキャンセルを用いてマクロへ組み込んであります。
    ピースキャンセルとは、ペットアクションの直前にピース命令を組み込むことで現在、ペットが実行しようとしているアクション(ウィンドブレード等)をキャンセルさせ、命令されたアクションを優先発動するというものです。
    通常の命令と異なり、使用中のアクション完了までの待ち時間が無い為、アクションを命令してから実行するまで非常に短い時間で対応可能です。
    特にショックウェーブなどはとっさに敵を吹き飛ばしたい場合などにも対応可能な為、使い勝手が大きく向上します。
    またマクロ最後の行にインターセプトを入れることによって再度、通常攻撃は実施するようになりペットDPSも低下しません。

    【エリスラ+ミアズラ※2】
    /macroicon エリアルスラッシュ pet
    /pac ピース <pet>
    /pac エリアルスラッシュ <t>
    /ac ミアズラ
    /wait 1
    /pac インターセプト <pet>

    ※2
    ガルーダの範囲攻撃であるエリアルスラッシュと召喚士本人のミアズラを組み合わせたマクロです。
    ピースキャンセルを使用しつつエリアルスラッシュを撃ち込むのと同時に召喚士本人の範囲DoTのミアズラが発動します。
    ペット命令は召喚士本人の行動を阻害しませんのでミアズラは最速で発動されます。

    【召喚強化+履行技※3】
    /macroicon ラウズ
    /ac ラウズ <me>
    /ac スパー <me>
    /pac ピース <pet>
    /ac エンキンドル <t>
    /wait 1
    /pac インターセプト <pet>

    ※3
    強力な攻撃である召喚獣の履行技発動のエンキンドルに召喚獣強化アクションであるラウズとスパーを組み合わせたマクロです。
    ボタンを連打することで強化効果をすべて載せた範囲攻撃を放つことが出来ます。
    ボタンを1回ずつ押せば、ラウズとスパーの使い分けも可能でリキャストの短い順番にマクロ設定してありますのでラウズのみ、ラウズとスパーのみという使い方も可能です。
    また他のペットアクションと同様にピースキャンセルも組み合わせている為、即時発動が可能です。


    【堅実魔+ディザスター※4】
    /macroicon 堅実魔
    /ac 堅実魔 <me>
    /ac トライディザスター <t>

    ※4
    次に詠唱する魔法の詠唱中断を防ぐ堅実魔と攻撃対象を中心とした範囲バインドを発生させるトライディザスターとの組み合わせです。
    ボタンを一度押せば堅実魔のみ起動可能ですし、緊急時のバインドが必要な時など攻撃を食らいながらでもトライディザスターを発動することが出来る相乗効果の高い組み合わせマクロです。


    【ドレイン+フロー※5】
    /macroicon エナジードレイン
    /ac エナジードレイン <t>
    /ac エーテルフロー <me>

    ※5
    エーテルフローをセットしていない代わりにエーテルフローを2行目に仕込んだエナジードレインマクロになります。
    エーテルフローが溜まっていない時は、エーテルフローが発動し、溜まっている時はエナジードレインの起動になります。
    緊急でMPを回復させたい時にエーテルフローが残っている時はエナジードレインの後にエーテルフロー、エーテルフローが単純に0になってしまっているときはエーテルフロー単体起動とムダのない動作となります。


    【Mアイフォーアイ※6】
    /macroicon アイ・フォー・アイ
    /ac アイ・フォー・アイ <tt>

    ※6
    <tt>代名詞を使ったアイフォーアイになります。
    いま、ターゲットをしている敵がターゲットした相手にアイフォーアイを使用するマクロとなり、緊急で使用したい場合などにターゲット選択をする必要がありません。

    【猛者+静者※7】
    /macroicon 猛者の撃
    /ac 猛者の撃 <me>
    /ac 静者の撃 <me>

    ※7
    攻撃力を上げる猛者の撃と攻撃による敵対心を減らす静者の撃との組み合わせコンボです。
    召喚士の場合、派手なダメージは無いもののシャドウフレアはDoT各種などによる敵対心の上昇は相当なものです。
    攻撃力を上げつつ攻撃による敵対心を減らすアビリティの組み合わせは相乗効果が高く便利なマクロの一つです。

    <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版>
    XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
    戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
    竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
    召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
    学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック