クロスホットバー配置&マクロについて(パッチ2.25版)

0

    JUGEMテーマ:ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

    ■紹介するクロスホットバー配置&マクロについて(ジョブ共通)
    当該日記にて紹介していく各ジョブ毎のクロスホットバー(以下XHB)及びマクロについて設定に伴う基本的な考え方を本ページに記載します。
    紹介するXHB配置やマクロを御活用いただく際には、まずはこちらをお読み下さい。(ジョブ共通)

    ■基本コンセプト
    直感的な操作に統一することで多くのアクションをゲームパッドだけでキーボード+マウスに劣らない複雑な戦闘操作を行うことを目標としています。
    その為には、かなりの数のアクションボタンが必要となってきますが、直感的な操作とする為に「XHBのページを選んで切り替える」という操作を省いているのが特徴です。
    コンシューマーゲームに慣れ親しんだ人にはすんなり操作に入っていけると思います。
    また順次紹介していきますが、ある程度方向性の近いアクションは同じボタン配置とすることでジョブが変わった時の操作性を極力近くなるようにしており、複数ジョブをプレイされる方にもお奨めです。
     

    <注意点>
    「ホールド」モードで操作する人向けの仕様になっており、切り替えて使用する操作モードである「トグル」操作を使っている方には不向きですので御注意下さい。
     

    <事前準備(キャラクターコンフィグ⇒ホットバー⇒XHB設定)※詳細は画像参照>

    操作モードは「ホールド」、「同時押し拡張設定」を有効にしています。
    XHBのページ切り替えを省き、さらにはページ切り替えの誤操作を防止する為、「抜刀時のセット選択カスタマイズを有効する」を選択し、「納刀抜刀変更時の自動セット切り替えを有効にする」をチェックし、ベースとなる「ホットバー1」を戦闘時は常に表示するように設定しています(戦闘中はキーによるページ切り替えは出来ません)。
    同時押しで呼び出す「ホットバー2」については、ページ切り替えは出来ませんが使用時に同時押しで呼び出すことが可能です。
    これにより戦闘用でないXHBページの併用と戦闘時に不要XHBが表示され誤操作することが無いようにしています。
     

    <ジョブ共通マクロ>
    【Mマーカー 
    /marking 攻撃1 <t>
    ※,鯊仂櫃瞭上につける⇔消すマクロです。
     

    【MフォーカスTG】
    /focustarget
    ※フォーカスターゲット表示用マクロです。
     

    <マクロ設定時の用語について>
    ・XHB配置図のLD1やRA1などの用語について
    そのボタンキー、十字キーににアクションをセットする際のスロット名の指定文字となります。
    詳細は、下記のテキストコマンド内の「/crosshotbar」の説明を御確認下さい。
    ○Windows用
    http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/win/text_command/
    ○PS3用
    http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/ps3/text_command/
    ○PS4用
    http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/ps4/text_command/


    <XHB配置&マクロの改定履歴>
    ・2014/5/4 改定
    ‘瓜押しXHBのボタンキー側アクションをLTとRTで共有化し、誤操作のポテンシャルを低下させた。(一部ジョブでは使い分け有り)
    ⊂綉,諒儿垢鉾爾ぁ∋藩僂任るパレットアイコン数が最大32個(XHB2ページ分)から最大24個(XHB1.75ページ分)に減少した。
    A乾献腑峩δ未箸靴討い織好廛螢鵐箸琉銘屬鮖藩僖螢好の無い魔法職ではボタンキー側のままとし、使用リスクのある物理攻撃職では誤操作防止の為、十字キー側へ設定した。

    <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版>
    XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
    戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
    竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
    召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
    学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
    http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60


    【モンク】クロスホットバー配置&マクロ(パッチ2.1対応版)

    0

      <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
      XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
      戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
      竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
      召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
      学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
      http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60

      ■当該クロスホットバー(以下XHB)配置&マクロについて
      <コンセプト>
      直感的な操作に統一することで多くのアクションをゲームパッドだけでキーボード+マウスに劣らない複雑な戦闘操作を行うことを目標としています。
      その為には、かなりの数のアクションボタンが必要となってきますが、直感的な操作とする為に「XHBのページを選んで切り替える」という操作を省いているのが特徴です。
      コンシューマーゲームに慣れ親しんだ人にはすんなり操作に入っていけると思います。
      また順次紹介していきますが、ある程度方向性の近いアクションは同じボタン配置とすることでジョブが変わった時の操作性を極力近くなるようにしています。
      複数ジョブを平行で育てたい人などにもお奨めです。

      <注意点>
      「ホールド」モードで操作する人向けの仕様になっており、切り替えて使用する操作モードである「トグル」操作を使っている方には不向きですので御注意下さい。


      ■事前準備(キャラクターコンフィグ⇒ホットバー⇒XHB設定)※詳細は画像参照

      操作モードは「ホールド」、「同時押し拡張設定」を有効にしています。
      XHBのページ切り替えを省き、さらにはページ切り替えの誤操作を防止する為、「抜刀時のセット選択カスタマイズを有効する」を選択し、「納刀抜刀変更時の自動セット切り替えを有効にする」をチェックし、ベースとなる「ホットバー1」を戦闘時は常に表示するように設定しています(戦闘中はキーによるページ切り替えは出来ません)。
      同時押しで呼び出す「ホットバー2」については、ページ切り替えは出来ませんが使用時に同時押しで呼び出すことは可能ですので御安心下さい。


      ■モンクのXHB配置とコンセプト

      最大の特徴としては、コンボアクションのみを異なるXHBページをXHB3、XHB4を設定し、コンボアクションによる自動ページ切り替えで「ボタンを押すだけコンボ」を実現させているところです。
      XHB1へ戻る為のマクロとコンボを1段階戻すマクロもセットしてある為、型から型へのコンボアクションに制約も無く、状況に合わせた組み合わせでコンボアクションを選べるという仕様になっています。
      また戦闘時のページめくり制限の設定が可能になったことにより、マクロ以外でページが切り替わることが無くなり、ページを間違える誤操作の危険性は従来よりも大幅に下がっています。



      ■モンクで使用するマクロ
      【M連撃/M壊神衝/M双竜脚※1】
      /macroicon 連撃/壊神衝/双竜脚
      /ac 連撃/壊神衝/双竜脚
      /wait 1
      /crosshotbar change 3


      【M正拳突き/M双掌打/M短勁※1】
      /macroicon 正拳突き/双掌打/短勁
      /ac 正拳突き/双掌打/短勁
      /wait 1
      /crosshotbar change 4


      【M崩拳/M破砕拳/M地烈斬※1】
      /macroicon 崩拳/破砕拳/地烈斬
      /ac 崩拳/破砕拳/地烈斬
      /wait 1
      /crosshotbar change 1


      【壱の型付与】
      /crosshotbar change 4


      【弐の型付与】
      /crosshotbar change 1


      【参の型付与】
      /crosshotbar change 3


      【XHB1へ】
      /crosshotbar change 1

      ※1
      コンボマクロは数が多いのでまとめて書いています。
      実際には、アクション1つにつき1個ですので計9個マクロ作成が必要です。
      動作としては単純明快で型毎にXHBがあり、WSを使った時点で次の型のWSがセットされたXHBへ移動するというものです。
      ただミスした時の為に全てのXHBの○ボタンの位置に一つ前のXHBへ戻るマクロを設定しています。
      これによりページめくりを意識せずに直感的にコンボの組み合わせを自由に出来ると思われます。
      WS使用後の/wait 1についてはページ切り替えを1秒程度遅らせることで射程範囲から外れての不発などの際にもう一回同じマクロキーを押す猶予を持たせています。
      もともとGCDが2秒以上はある為、1秒の待ち時間の影響は微々たるものです。
      また誤った場合の防護策として、さらに別途XHB1ページ目に移動するボタンを1、3、4ページ全てに設定しています。



      【M踏鳴※2】
      /macroicon 踏鳴
      /ac 踏鳴 <me>
      /ac 崩拳 <t>


      ※2
      コンボがマクロで自動送りをしている為、踏鳴を起動したらそのまま連打で崩拳を打ち込み、一気に疾風迅雷をIIIにする目的のマクロになっています。
      一度だけ押せば踏鳴のみ起動します。


      【戦士】クロスホットバー配置&マクロ(パッチ2.1対応版)

      0

        ■当該クロスホットバー(以下XHB)配置&マクロについて
        <コンセプト>
        直感的な操作に統一することで多くのアクションをゲームパッドだけでキーボード+マウスに劣らない複雑な戦闘操作を行うことを目標としています。
        その為には、かなりの数のアクションボタンが必要となってきますが、直感的な操作とする為に「XHBのページを選んで切り替える」という操作を省いているのが特徴です。
        コンシューマーゲームに慣れ親しんだ人にはすんなり操作に入っていけると思います。
        また順次紹介していきますが、ある程度方向性の近いアクションは同じボタン配置とすることでジョブが変わった時の操作性を極力近くなるようにしています。
        複数ジョブを平行で育てたい人などにもお奨めです。


        <注意点>
        「ホールド」モードで操作する人向けの仕様になっており、切り替えて使用する操作モードである「トグル」操作を使っている方には不向きですので御注意下さい。



        ■事前準備(キャラクターコンフィグ⇒ホットバー⇒XHB設定)※詳細は画像参照

        操作モードは「ホールド」、「同時押し拡張設定」を有効にしています。
        XHBのページ切り替えを省き、さらにはページ切り替えの誤操作を防止する為、「抜刀時のセット選択カスタマイズを有効する」を選択し、「納刀抜刀変更時の自動セット切り替えを有効にする」をチェックし、ベースとなる「ホットバー1」を戦闘時は常に表示するように設定しています(戦闘中はキーによるページ切り替えは出来ません)。
        同時押しで呼び出す「ホットバー2」については、ページ切り替えは出来ませんが使用時に同時押しで呼び出すことは可能ですので御安心下さい。


        ■戦士のXHB配置※詳細は画像参照

        同時押し側XHB△剖き枠がありますのでPvPアクションを入れたり、連絡用メッセージマクロを入れたりするのも良いですね。
        PvPアクションについては、PvE以上に咄嗟の操作が必要となるためXHB,了藩冑囘戮低いボタンと入れ替えるのもアリです。


        ■戦士のXHBコンセプト
        基本となる単体攻撃アクション、攻撃/防御アビリティなどはXHB,棒瀋蠅靴討△蠅泙后
        コンボについてもセットマクロを使用して圧縮をしているのが特徴です。
        同時押し操作となるXHB△砲弔い討蓮
        リミットブレイクやスプリント、範囲攻撃や挑発、フラッシュなど使いどころを絞る必要があるアクションを設定してあります。
        全ての共通する設定としては、移動しながら使いたいであろうアクションについては○×△□側に設定してありますのでPvPなどで逃げる敵を追いながら、またが逃げながら使えるようにしてあります。



        ■戦士で使用するマクロ
        【Mヘヴィスウィング】
        /macroicon ヘヴィスウィング
        /ac ヘヴィスウィング  <t>
        /crosshotbar set スカルサンダー 1 RA4
        /crosshotbar set ボーラアクス 2 RA3


        【Mメイム】
        /macroicon メイム
        /ac メイム  <t>
        /crosshotbar set シュトルムヴィント 1 RA3
        /crosshotbar set シュトルムブレハ 1 RA4

        ※両者ともコンボ用のセットマクロです。


        【Mマーカー 
        /marking 攻撃1 <t>

        ※,鯊仂櫃瞭上につける⇔消すマクロです。


        【MフォーカスTG】
        /focustarget

        ※フォーカスターゲット表示用マクロです。


        【M斧90sec強化】
        /macroicon ブラッドバス
        /ac ブラッドバス <me>
        /ac バーサク <me>

        ※同じ90秒リキャストかつ同時に使うことで相乗効果が高いものを同じボタンに設定しています。
        間にwait 1を入れれば一回ボタンを押すだけでどっちも使用してくれますが、ラグがあるときは上手く使ってくれない時があるのと使い分けを考慮し、ボタンを連打して使用するマクロとしています。

        2013/12/21 15:30 クロスホットバー配置及び設定画像に誤りがあった為、修正。
        2013/12/22 23:30 同時押し設定画面について変更。


        黒魔道士用マクロ&クロスホットバー配置

        0
          JUGEMテーマ:ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

          <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
          XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
          戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
          竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
          召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
          学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
          http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60

          前回、学者で最後!と言いつつ、ここ最近は黒魔道士にハマっているDaiです。
          今回も前回までと同じく「複雑な操作を臨機応変に対応できるようにかつゲームパッドで操作を完結させる」というコンセプトでマクロ設定&クロスホットバー配置を考えてきました!

          【XHB配置コンセプト】
          基本的には「直感的に操作できるか」ということで確認しながらのページめくりが必要になる配置はNG、複雑すぎて覚えにくいのもNG、という感じで配置を考えています。

          【用意したマクロ】
          攻撃系アクションの切り替えの起点となるマクロを中心に補助系一括マクロを付け加えています。
          補助系アクションはリキャストが同じウォールとマバリアを一体化させ、緊急時に連打することで使いやすくしています。
          アイ・フォー・アイ、アポカタスタシスについては自分に使うことが出来ない為、<tt>マクロとしています。
          これにより攻撃対象からターゲット移動の手間無くタゲを持っているTANKなどに速やかに補助アクションを使うことが出来ます。
          攻撃系については後述します。

          【Mサンダラ】
          /macroicon サンダラ
          /ac サンダラ <t>
          /crosshotbar change 2

          【Mファイガ】
          /macroicon ファイガ
          /ac ファイガ <t>
          /crosshotbar set ファイア 2 RA3
          /crosshotbar set ファイラ 2 RD2
          /crosshotbar set フレア 2 RD4

          【Mブリザガ】
          /macroicon ブリザガ
          /ac ブリザガ <t>
          /crosshotbar set ブリザド 2 RA3
          /crosshotbar set ブリザラ 2 RD2
          /crosshotbar set フリーズ 2 RD4

          【Mトランス】
          /macroicon トランス
          /ac トランス <t>

          /crosshotbar set ブリザド 2 RA3
          /crosshotbar set ブリザラ 2 RD2
          /crosshotbar set フリーズ 2 RD4

          【M120sec防御】
          /macroicon ウォール
          /ac ウォール <me>
          /ac マバリア <me>

          【M120sec強化】
          /macroicon 猛者の撃
          /ac 猛者の撃 <me>
          /ac 静者の撃 <me>

          【Mアイフォーアイ】
          /macroicon アイ・フォー・アイ
          /ac アイ・フォー・アイ <tt>

          【Mアポカタスタシス】
          /macroicon アポカタスタシス
          /ac アポカタスタシス <tt>

          【黒魔道士XHB配置(画像参照)】



          XHB1ページ目のアクション
          他ジョブと同様に2ページ目に飛ぶ起点アクションをセットし、2ページ目ベースで戦闘することは変わっていません。
          レサージーやスリプルなどは右側XHBへセットし、移動しながらでも使いやすくなるようにしています。
          またアイ・フォー・アイやアポカタスタシス、ウイルスなどの補助アクションも1ページ目に集約しています。
          フォーカスターゲットマクロや、アシストターゲットマクロなどもセットしてあります。

          XHB2ページ目のアクション
          攻撃系アクションを中心としたメインで使うことになるページです。
          基本的にはファイガ・ブリザガを行動の起点に起き、常にアストラル体勢をIIIにした状態で行動できるようにしています。
          特に右側XHBに基本となる攻撃アクションを網羅させており、単体攻撃及び範囲攻撃の両方にこの8ボタンで対応できるようになっています。
          また迅速魔も押しやすいところにセットすることで起点となるファイガやブリザガに合わせて立ち上がりを早くしたり、フレアに合わせて瞬間範囲殲滅を狙うのも効果的です。
          下記にコンボ例を挙げます。

          ■単体攻撃基本コンボ(通称:吉田撃ち)
          「Mファイガ⇒ファイア(MP切れるまで)⇒Mブリザガ⇒サンダラ⇒(Mファイガに戻る。)」
          ⇒有名な吉田撃ちです。ファイアによるファイガProcとサンダラによるサンダガProcを狙っていくことで単体DPSを積んでいきます。
          アストラル状態IIIから逆属性の攻撃を使う時には、詠唱時間が半分になる特性を利用することで回転を高めていきます。

          ※半詠唱フレアについてはバグであるという公式見解がありましたので削除しました。

          学者用マクロ&クロスホットバー配置

          0
            JUGEMテーマ:ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア

            <公開中のクロスホットバー+マクロ最新版※2014年5月更新>
            XHBページ切替無し:パッチ2.25版事前準備説明
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=56
            戦士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=57
            竜騎士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=58
            召喚士(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=59
            学者(XHBページ切替無し:パッチ2.25版)
            http://knighttales.attribute.mods.jp/?eid=60

            やっと学者(巴術士)がLv50となり、いろいろXHB配置を模索しつつ使い込んでマダレムジエンまで入手出来ましたので学者のXHB配置を公開です。
            やはり、出来ることが多すぎる上にコンボなどと違い圧縮が困難な為、今まで作成した中でも一番苦労しました。
            その分、出来栄えには満足感はあり、なんとかゲームパッドのみの操作で大抵の状況に対応できるような仕様に仕上がったと思っています。
            私自身はPCユーザーですがXHBのみで完結するように考えた為、PS3ユーザーの方にもオススメします!


            【XHB配置コンセプト】
            基本的には「直感的に操作できるか」ということで確認しながらのページめくりが必要になる配置はNG、複雑すぎて覚えにくいのもNG、という感じで配置を考えています。
            ページ切り替えを使うにしても、スタン攻撃はココ、WSはココ、防御系アビはココ、といった感じで分けており、アディショナルスキルなどは他ジョブと同じアクションであれば同じ位置に出来る限りセットしています。


            【用意したマクロ】
            攻撃系アクションの切り替えの起点となるマクロとエーテルフローとエナジードレインを組み合わせたマクロです。
            Mバイオは1ページ目から2ページ目へ飛ぶ役割も持たせています。


            【Mバイオ】
            /macroicon バイオ

            /ac バイオ <t>

            /crosshotbar set ミアズマ 2 RA4

            /crosshotbar set バイオラ 2 RA2

            /crosshotbar change 2


            【Mエアロ】
            /macroicon エアロ

            /ac エアロ <t>

            /crosshotbar set ミアズラ 2 RA4

            /crosshotbar set ルインラ 2 RA2


            【Mエナジードレイン】
            /macroicon エナジードレイン

            /ac エナジードレイン <t>

            /ac エーテルフロー <me>


            【学者XHB配置】

            今回は、方向性が複雑なのでXHBページ別に分けて解説します。

            XHB1ページ目のアクション
            他ジョブと同様に2ページ目に飛ぶ起点アクションをセットし、2ページ目ベースで戦闘することは変わっていませんが、今回は学者ということでペット(フェアリー)をどうマニュアル操作で使いこなすか、というところにも重点を置いています。
            1ページ目にピース、追従などのペット命令をセットし、フェアリーは単体回復以外のアクションは全てマニュアル起動することを前提に考えています。
            常時ピースモードで使用し、ここぞという時にラウズ⇒フェアリーアクションを使うというコンセプトです。
            さすがにXHBの数の問題上、フェアリーエオスにしか対応出来ていませんがエオスのアクションの位置にセレネのアクションを置いてもらえば、同じような使い勝手になると思います。
            (早くマクロ指定にペットアクション指定が出来たり、マクロ指定が出来たりすれば汎用性は高めれるのですが・・・)
            またプロテスやストンスキン、迅速魔などもこのページにあります。
            特に迅速魔の近くには迅速魔を使うであろう、サモンとリザレクをセットして直感的な操作を可能としています。

            XHB2ページ目のアクション
            DoT魔法による攻撃系と回復系アクションを網羅したメインで使うことになるページです。
            ここでのポイントとしては攻撃系アクションをR側、回復系アクションをL側にセットしているところです。
            またエーテルフローをセットしていない代わりにエーテルフローを2行目に仕込んだマクロエナジードレインをセットしています。
            エーテルフローが溜まっていない時は、エーテルフローが発動し、溜まっている時はエナジードレインの起動になります。
            緊急でMPを回復させたい時にエーテルフローが残っている時はエナジードレインの後にエーテルフロー、エーテルフローが単純に0になってしまっているときはエーテルフロー単体起動とムダのない動作となります。(XHB圧縮目的も兼ねてます)
            攻撃系のところは少し特殊でバイオを起点としてDoT系であるバイオラ、ミアズマが表示され、エアロを起点としてルインラとミアズラが表示されます。
            起点アクションとしてはインスタントなのを考慮してバイオとエアロにしていますが、DoT回し上、バイオラから開始したい人はバイオラでもいいですし、とっさに暗闇を入れたいという人はエアロの変わりにルインラを起点マクロにするのも良いでしょう。
            クルセードスタンスも押しやすい場所にセットしています。
            頻繁に切り替えながら戦う事でヒーラーであってもかなりのDPSを出すことが出来ますので上手く活用したいところです。


            とりあえず、今回の学者でクロスホットバー配置の紹介にて、TANK、近接DPS、遠隔DPS、HEALERの基本的なロールは全て揃ったので一区切りとなります。
            こういう組み方もあるんだ、というサンプルとしてゲームパッドユーザー(特にPS3ユーザーの方)の皆さんの一助になれば幸いです。


            << | 2/3PAGES | >>